ヨガ前後の食事について|2時間空けないといけないって本当?

食事

ヨガの前に食事していいの?ヨガの後は?

そんな疑問にお答えします!

ヨガ前の食事について

お腹いっぱいでヨガをすることをイメージしてみてください。

身体をツイストしたり、逆転(心臓を頭より高くする)したり、胃が圧迫されて苦しい姿が想像できます。

ヨガは内臓までもマッサージできるため、胃はなるべく空の方が身体に負担がありません。

ということは、ヨガをする2時間前までには食事は済ませておきたいものです。

ただ、あまりにも空腹で気持ちが悪いままヨガをしようとしても集中できないこともあります。

その場合は自分で調整することをお勧めします。

私の場合は、1時間前に空腹状態で耐えられないときは、おにぎり1個だけ食べてもいいことにしています。これだと負担を感じることなくヨガができると知っているからです。

消化力は個人差があると思うので、調整しながら許容範囲を見つけていくといいと思います。

2時間前までに食事を済ませることに越したことはありませんが。

 

ヨガ後の食事について

ヨガ後は身体を動かした分、空腹を感じ、すぐに食事をしたくなります。

それだともったいない!1〜2時間空けたほうがいいとされています。

その理由は?

ヨガを運動と捉える場合

ヨガで身体を活性化すると、内臓も活性化されます。

消化器官も活発に働きますので、その状態に食べ物を投入してしまうと栄養をいつも以上に吸収してしまいます。太りやすくなるということです。

ヨガでエネルギーを充電すると捉える場合

ヨガでは見えないエネルギー「プラーナ」を取り込みます。

プラーナとは「生命エネルギー」のことで、全てのものに存在する力です。中国ではこれを「気」と言います。

プラーナは排泄全般、消化、呼吸、吐くこと、循環器などの身体の生理的機能をコントロールしています。

ヨガでプラーナが活性、調和をしているのに、食べ物を摂ってしまうと消化にプラーナが集中して使われてしまいます。

なので身体が落ち着いて、心地良さを感じる間は食事はしない方がいいとされています。

その効果が持続する目安が2時間と言われています。

やっぱりヨガ後2時間は食べちゃいけないの?

上記2つの理由からなるべく2時間は空けた方がいいと思います。

ただ、それが苦痛になってヨガが続けられなくなることは避けたいので、私はマイルールを設けています。ヨガ後30分は絶対に食べない。それ以降は様子を見て食事をしています。

また、ヨガでよりプラーナを取り込めるようになると、お腹が空かなくなるそうですよ。

そう実感できる日までコツコツとヨガを楽しみましょう!

まとめ

無理のない範囲で食事の時間をコントロールし、ヨガの効果を最大限に活かしましょう!

あなたもマイルールを決めてみてはいかがですか?

 

 

陽だまりについて

さやか
陽だまりの代表/管理人・さやかのことをもっと知りたいと思ってくれたら、まずはプロフィールページをご覧ください!

〒904-0035 沖縄県沖縄市南桃原4-40-7(▶︎Googleマップはこちら)
猫がのんびりと過ごす小さな1本道の途中にアクアマリン色の門の「陽だまり」はあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です