アーユルヴェーダとは「生命科学」「生活の知恵」

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは身近なものなんですよ〜

アーユルヴェーダと聞いてイメージするのは何でしょうか?

もしかすると、額にオイルを垂らしているエステやマッサージを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

それもアーユルヴェーダの一部です。

ですが、もっともっと広くて深いものなんですよ!

健康のために食事を改善しようとか体質を改善しようと思って自然療法を調べると、アーユルヴェーダも出てくると思います。

自分の体や心の体質を知って、自分に合った食事や運動、過ごし方を取り入れ、生活習慣を整えていくことができるのです。

誰一人として同じ人間がいないように、誰にでも当てはまる健康法ではなく一人ひとりに合った健康法、生き方の知恵を学ぶことができるんです。

アーユルヴェーダの原理はデトックス

食べ物の未消化物や感情など精神的にも未消化のものが毒となり不調や病気を引き起こすと考えられています。

なので、消化力を高め、未消化物(アーマ)を減らすことが重要です。

デトックスが上手な体と心を創りましょう。

そのためには、自分の体・心・呼吸に耳を傾けて感じることが大切です。

体は重いですか?軽いですか?熱いですか?冷えていますか?痛みはありますか?

不安や恐れ、緊張はありませんか?頑張りすぎていませんか?イライラしていませんか?鬱々としていませんか?

息は長いですか?短いですか?息にパワーはありますか?吐く息と吸う息の感覚はどうですか?

自分に意識を向ける時間を設けて、体・心・呼吸から出ているサインに気づきましょう。

日常で取り入れられるデトックス6選

  1. アグニ(消化力)を高めるものを摂る(ギー・生姜・スパイス)
  2. 少食にする。特に油ものを控える。
  3. 白湯を飲む
  4. 運動をして体温を高くしてアグニ(消化力)を高める。ヨガおすすめ。
  5. 入浴
  6. オイルケア・温める

これらはどの体質の方にも取り入れていただけるものです。

体と心は繋がっているので、体がデトックスされると心も軽くなりますよ。

他にも自分の体質に合ったセルフケア、食事やマッサージなどのデトックス方法もあります。

「今ここ」を大切にする生き方

アーユルヴェーダの考え方の基本は、「自然のリズムに合わせて生活をし、体の本来持っている力を引き出しましょう」というシンプルなものです。

それは、季節や時間、住んでいる国や土地、環境に合わせたリズムで生活をすることです。

人間も地球に生まれた自然の一部ですから。

インドやスリランカのスパイスを必ず取るのではなく、生まれた土地に昔からあるハーブやスパイスでいいのです。

また、沖縄と北海道では全く違う生活の仕方だと思います。

暑い土地なら暑い土地に合った食材や生活の仕方があり、寒い土地にもそこに合った食材や生活の仕方がありますよね。

それでいいのです。

あなたのいる場所いる環境で自分自身に耳を傾けて大切にする生き方ですね。

生命観や死生観について考える

生命についての考え方も説かれています。

生命とは身体・精神・アートマン(魂)のことで、アートマンは死後も残ると考えられています。

このように命の捉え方や幸福な寿命を説いていて、人生をどう生きるかヒントになります。

人は必ず死にます。魂は永遠不変でもこの体や心とはお別れします。

それまでにどう生きるか、何のために生きるか、本当は自分がよく分かっているのに、不調やストレスで分からなくなってしまっているのです。

楽しく前向きに生きるためにもデトックスは有効です。

体も心もデトックスをして健康な自分で、あなただけの人生を創っていきましょう♪

まとめ

アーユルヴェーダは病気を治し健康へと導くだけでなく、豊かな人生を生きるヒントや、日常生活で実践できることがたくさんあります。

健康は全ての土台です。

自分の体質を知ってコツコツ健康を積み上げていきましょう!

陽だまりでは、自分の体質を知り、バランスする方法や豊かな人生を生きるための講座を開催しています。

興味がある方はお問い合わせください。