ヨガとアーユルヴェーダはどちらもインド発祥の姉妹みたいな関係

アーユルヴェーダ

ヨガとアーユルヴェーダの関係って?

ヨガもアーユルヴェーダも古代インドのヴェーダ時代から約5000年の歴史を持っています。

起源は様々ですが、ヒマラヤの聖者がヨガ・アーユルヴェーダ・チャクラを伝えたと言われています。

ヨガでは心・体・精神の統合、本来の自分と繋がること、などの「在り方」や「方法」を伝えています。

アーユルヴェーダでは自分を探求し、知ること、それを受け入れ、どうやってバランスを取っていくかの「やり方」を伝えています。

どちらも自然と調和し、本来持っている力に気づくこと、引き出すことを教えてくれます。

現代を生きる私たちにも通づる、健康で快適な生活を送るための智慧がたくさんあるんです!

体や心、精神的な健康はもちろんのこと、魂の健康にも触れています。

入口がヨガでもアーユルヴェーダでも結局どちらも大事と気づく

私はヨガが入口でした。

アーサナ(ポーズ)を取るヨガをしていて、癒されるなぁと感じていました。

それからヨガの講師育成のトレーニングの中でアーユルヴェーダと出会いました。

私の先生がアーユルヴェーダ好きだったことも私にとってはラッキーなことでしたね。

ヨガやアーユルヴェーダに興味がある人はただの健康だけじゃなくて生活の質をあげたいとかより豊かな人生を歩みたい、また目の前の問題や悩みを解決したい人が多いのではないかと思います。

実際、ヨガで心や体を整え始めると、生活自体を整えようと思ってきます。そうすると食生活やセルフケアを学べるアーユルヴェーダに行き着く。

逆も然り、アーユルヴェーダで食事の改善やマッサージを受けると、より呼吸や体を動かすことでエネルギーが活性化または沈静することの大事さを知り、ヨガに興味を持つ。

そんな感じで相互に作用しあってサポートし合う関係性なんですね。

生活の中に気軽に取り入れることができる

例えば、朝一番に舌掃除をして白湯を飲むこと、これもヨガ的アーユルヴェーダ的生活です。

自分の体調に合わせてお昼寝することもOK。

また、人も自分自身もぞんざいに扱わない、人の時間や自分の時間をむやみに奪わないなど在り方を意識することもできます。

まだまだたくさんのヒントがあります。

自分が楽しく前向きに続けていける自分流を見つけるのも醍醐味かもしれません。

誰一人として同じ人間はいないように、人によって健康法も違います。

今より良くなるベターを目指して、ヨガ・アーユルヴェーダを学んでみてはいかがでしょうか?

ヨガとアーユルヴェーダ両方を取り入れるメリットとは?

メリット
  • 自分だけの健康法が見つかる
  • 体力・気力がつく
  • 自分を深く知ることができる
  • 自分に合ったライフスタイルを選ぶことができる
  • 悩みの囚われから解放される
  • 人生の迷子から脱却できる
  • 自分の築きたい人間関係が築けるようになる
  • 自分を受け入れ、愛する感覚を養うことができる
  • 今を楽しむ力がつく
  • 人生を能動的に生きられるようになる
  • 自分で答えが出せるようになる

まとめ

私は両方を学ぶことで、人生は自分次第なんだ!自分の中に答えがあるんだ!ということが腑に落ちました。

この感動を皆さんにお伝えするために、ヨガ・アーユルヴェーダの叡智から学ぶ実践講座をしています。

一緒に学んで、一緒に人生を楽しもう╰(*´︶`*)╯♡