アーユルヴェーダからみる生理中の過ごし方

アーユルヴェーダ

生理痛は普通ではない!!

私は10代の頃から生理痛があったので、痛みがない日が来るなんで考えられませんでした!

しかも20代、30代と歳を重ねるごとにキツさが増していました。

生理前にはイライラ、過食、便秘もあったので、1ヶ月の半分は不調という状態です。。

それに慣れすぎて不調ということも忘れるぐらい。

生理痛はあって当たり前と思い込んでいました。

そんな私でしたが、現在生理痛はほぼありません。生理前も気にならないほどになりました。

そう!生理痛は普通ではないんです!

ストレスや冷え、食事の偏り、運動不足から自律神経の乱れ、ホルモンの乱れ、血液循環の乱れが原因で起こっていることなんです。

ではどうしたらいいのか?

アーユルヴェーダの観点からお話ししていきます!

ヨガの姉妹と言われる「アーユルヴェーダ」とは

アーユルヴェーダとは「生命の科学」の意を持つ世界最古のインド伝統医学です。

病気の治療だけではなく、予防や健康の維持増進、若返りなども含まれています。

また、アーユルヴェーダ では自分の心と体の状態から個々人に応じた健康増進法や生き方の知恵を教えてくれます。

健康とは「心・体・魂」すべてが整っていることを指します。

アーユルヴェーダからみる生理とは

アーユルヴェーダでは生理を浄化のための自然現象と言っています。

体のサイクルとしてはヴァータが増え、風や空のエネルギーが強くなる時期です。

女性の体は月に一度、体を綺麗にしてくれる機能がついてるってすごいことですよね!

エネルギーのバランスを整えながらきちんと浄化を完了させましょう。

生理中のオススメの過ごし方

十分な休息をとる

寝るということではなく、仕事や家事に追われないでゆっくりとした時間を過ごし、風のエネルギーを鎮めましょう。

昼寝を控える

生理中は集中力が落ち、眠気がありますが、昼寝は体内の血液循環が悪くなるため、できるだけ我慢しましょう。

激しい運動を控える

ヨガや軽いウォーキングはオススメです。安定した運動はヴァータを鎮めます。

ヴァータを鎮静させる食事を摂る

軽くて温かい消化によいものを摂りましょう。

炭酸飲料や冷たい飲食物、チーズ、ヨーグルト、肉、チョコレート、揚げ物は特に控えましょう。

自分の心と体に優しく過ごす

生理中は色や香り、音に敏感になるので、五感の過剰な刺激は避けましょう。

自分の心と体に注意を向けて、浄化に集中してみましょう。

もし生理痛になった場合はこれ

小さじ半分くらいのシナモンの粉をぬるま湯で飲む

シナモンには芳香があり、口の中をきれいにして口臭をなくしてくれます。口や喉の渇きや痛みをとる効果があります。痒みを減らし、消化不良をなくしてアーマを減らします。食欲を上げてくれます。

アジョワンのお茶を飲む

ガス抜き、利尿、食欲増進に良いお茶です。お酒を飲んだ翌朝にもよいです。インドでは雨季の食欲増進のためによく飲まれています。

作るときはアジョワンシードをさっと煮て、味が出ればできあがりです。

    ※アジョワンシードはネットで購入できますよ。

まとめ

生理期間中は浄化期間として、自分の心と体と向き合う期間にしてみてはどうでしょうか?

生理痛がひどい場合、現在の過ごし方では体や心に負担をかけているかもしれません。

仕事や日常生活で何がストレスになっているのか、ゆっくりと振り返る時間を設けてみてくださいね。

癒されたい方はぜひヨガに来て、古民家の空間と猫たちと私の癒しボイスでゆるりお過ごしください!